めっちゃ売れてる!! 新型ヤリスクロスの長所とあえて探した気になる短所

2020年8月31日に発売されたヤリスクロスはヤリスベースのコンパクトSUVで、その売れ行きは好調だ。 ヤリスクロスは、月販目標4100台に対して、2020年8月31日の発売開始から約1カ月の9月中に早くも累計受注3万台を突破する見込み、という勢いなのだ。 実際に販売店によると、「9月上旬に契約をいただいても、納車は11月下旬から12月中旬になる」という。 今はコンパクトカーとSUVの人気が高く、両方の要素を併せ持つヤリスクロスが好調に売れるのは当然だろう。 そこでヤリスクロスのライバルに対する長所と短所を明らかにし、グレード選びについて考えたい。 ヤリスクロスの購入を考えている場合は参考にしてもらいたい。 文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、HONDA、NISSAN、平野学、池之平昌信 まずヤリスクロスの長所として、優れた走行性能が挙げられる。 エンジンは直列3気筒1.5Lのノーマルタイプとハイブリッドで、いずれも実用回転域の駆動力に余裕を持たせた。車両重量も軽く、ハイブリッド2WD・Gが1170kgだ。 ライバル車のキックスXは1350kg、ヴェゼルハイブリッド2WD・Zホンダセンシングは1320kgだから、ヤリスクロスは150kg以上軽い。 プラットフォームはTNGAの考え方に基づく設計の新しいタイプで、軽いボディと相まって走行安定性も良好だ。この走りのよさは、ベース車のヤリス譲りとなる。 エンジンの設計も新しく、ボディは軽いので、燃費も良好だ。 ヤリスクロスハイブリッド2WD・Gは、WLTCモード燃費が30.2km/Lに達する。キックスは21.6km/L、ヴェゼルハイブリッドは19.6km/Lだ。キックスのe-POWERと比べても、ヤリスクロスの燃料代は、数値的には72%に収まる。 またヤリスクロスは、ノーマルエンジンの2WD・GでもWLTCモード燃費が19.8km/Lだ。ライバル車のハイブリッドと同等で、この燃費のよさもヤリスから受け継いだ。 安全装備の充実度も高い。衝突被害軽減ブレーキは、昼夜の歩行者と昼間の自転車を検知できる。ライバル車のキックスとヴェゼルは、自転車を検知できない。 ヤリスクロスでは、右折時の対向車、右左折時に横断歩道上の歩行者も検知して、衝突被害軽減ブレーキを作動できる。 このほか後退時の安全を確保するブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックオートブレーキも、4万9500円という割安な価格でメーカーオプション設定した。 車両の価格が割安なことも特徴だ。最上級になるハイブリッド2WD・Zの価格は258万4000円だから、同等の装備を採用するキックスXの275万9900円、ヴェゼルハイブリッド2WD・Zホンダセンシングの276万186円に比べて約18万円安い。 ちなみにコンパクトカーのエンジンとプラットフォームを使ったSUVの価格は、装備の違いを補正して、一般的にはベース車よりも35万~40万円高い。 ところがヤリスクロスは、ヤリスと比べた時の価格上昇も18万円前後に抑えた。そのためにライバル車と比べても、18万円ほど割安になっている。 ヤリスクロスが価格を割安に抑えられたのは、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)をヤリスとほぼ同じ数値にするなど、SUVとしての変更点が少ないからだ。 価格競争力を高める目的もある。それはライバル車のキックスやヴェゼルに対抗するだけでなく、同じトヨタのSUVを相手に、価格の整合性を図ることも含まれる。 ライズ2WD・Zの価格は206万円、ヤリスクロス2WD・Z(ノーマルエンジン)は221万円、C-HR・2WD・S-Tは241万円という具合に、SUVの価格を重複させず並べるためだ。 仮にヤリスクロス2WD・Zの価格がライバル車と同様に18万円高ければ、239万円になってしまう。そうなるとC-HR・2WD・S-Tの241万円と競争関係に陥り、ヤリスクロスが割高に感じられたりする。 トヨタのSUV同士で競争しないよう、価格の重複を避けたことも、ヤリスクロスが割安になった理由だ。 ヤリスクロスの価格には、同じプラットフォームを使って、将来的に背の高いコンパクトカーを開発することも関係している。 この価格分布の整合性を取るためにも、ヤリスクロスは割安になった。このようにヤリスクロスの割安感は、ライバル対抗というより身内の事情によるところも多い。 ヤリスクロスは、ライバル比較も含めて走行性能、燃費、安全装備が優れ、価格は割安だ。その代わり欠点もある。 まず後席が狭い。前述のとおり価格を割安にした代わりに、ヤリスクロスのホイールベースはヤリスとほぼ同じだ。着座位置が少し高いものの、足元空間に大差はない。 従ってライバル同士で後席の広さに順位を付けると、ヴェゼルが最も広く、次がキックスで、ヤリスクロスは3位だ。C-HRやタイで発売されたカローラクロスのほうが後席は広い。 小回り性能も、ボディサイズの割りによくない。キックスは全長が4290mm、ホイールベースは2620mmで最小回転半径は5.1mに収まるが、ヤリスクロスは4180mm・2560mmと短いのに、最小回転半径は5.3mに拡大する。 装備にも不満がある。安全性を高めるブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックオートブレーキは、GとZにはオプション設定されるが、低価格のXとハイブリッドXには装着できない。安全装備はすべてのグレードで公平に選べるようにすべきだ。 運転席が回転して乗降性を向上させるターンチルト機能、シートの調節位置を記憶させるイージーリターン機能は、安全装備とは逆に、最上級のZには用意されない。選ぶ時はグレードと装備の組み合わせに注意したい。 これらの欠点に不満がなければ、ヤリスクロスは買い得なコンパクトSUVだ。 次はヤリスクロスのベストグレードについて考えたい。 まずノーマルエンジンとハイブリッドの選択だが、価格はGとZの場合で、ハイブリッドが37万4000円高い。購入時に納める税金は、ハイブリッドの環境性能割(旧自動車取得税)と自動車重量税が非課税になるため、実質差額は約30万円に縮まる。 そこで実用燃費をWLTCモード燃費、レギュラーガソリン価格を1L当たり135円で計算すると、30万円の実質差額を燃料代の節約で取り戻せるのは13万kmを走った頃だ。ノーマルエンジンの燃費も優れているので、取り戻せるまでの距離が伸びた。 従って損得勘定では、1年間の走行距離が1万5000kmを超えると、ハイブリッドを選ぶ価値も高まる。それ以下ならノーマルエンジンだ。 しかしハイブリッドはモーター駆動を併用するため、実用域の加速が滑らかでノイズも小さい。運転感覚の違いでハイブリッドを選ぶこともできるため、両タイプを試乗してから結論を出したい。 駆動方式は用途に応じて選ぶ。4WDの価格は2WDに比べて23万1000円高いが妥当な金額だ。ハイブリッドは後輪をモーターで駆動する4WDを採用する。 グレード選びの詳細では、ノーマルエンジンのX・Bパッケージに注意したい。 価格は179万8000円に収まるが、衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能が省かれてしまう。その割りにXに比べて9万8000円しか安くならないため、装備と価格のバランスでは逆に割高だ。 X・Bパッケージは、レンタカーなどの需要をねらったグレードだから推奨できない。 そうなると次に検討すべきはXとハイブリッドXだが、前述のとおりブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックオートブレーキをオプション装着できない。そこで中級のGを検討する。 Gの価格をXと比べると、ノーマルエンジンは12万4000円、ハイブリッドは11万円高い。ノーマルエンジンのXは、エアコンがマニュアルだから、Gではオートエアコンの価格換算額も加わってハイブリッドを1万4000円上まわる。 そしてGに加わる装備には、価格差以上の価値がある。16インチホイールは、Xはスチール製だがGではアルミに上級化され、ディスプレイオーディオの画面も7インチから8インチに拡大される。 後席の分割可倒機能は4:2:4と倒し方が細かくなり、シート生地も上級化する。ハイブリッドの場合、価格アップは11万円だが、加わる装備は少なくとも15万円に相当する。 従って最も推奨度の高いグレードは、ノーマルエンジンのG(202万円/2WD)とハイブリッドG(239万4000円/2WD)だ。 これにブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックオートブレーキをオプション装着するのが、おすすめの選び方になる。 そして最上級のZには、Gにオプション設定される18インチアルミホイール(オプション価格は8万3600円)とフルLEDヘッドランプ(同7万1500円)、さらに運転席の電動調節機能などが標準装着される。Gとの価格差は19万円だ。 仮にGを選び、18インチアルミホイールとフルLEDヘッドランプ(オプション価格の合計は15万5100円)を両方とも装着するなら、19万円高くてもこれらが標準装着されるZを選ぶ方が得策だ。Zにはオプション装着できない運転席の電動調節機能など、7万円相当の上級装備も加わるからだ。 数年後に売却する時も、Gに複数のオプションを加えるよりは、標準装着される最上級のZを選ぶ方が好条件を引き出せる。 つまりGとZの選択は、欲しいオプション装備に応じて判断が変わるわけだ。
ここで購読 : http://bit.ly/CarMyLife
#NewsCar #CarMyLife

Posted by yasamiz