【トヨタ ヤリスクロス】10系 ハイブリッドZ グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説

【チャプター】
00:00 OP
00:39 外装・灯火類/ドアの解錠・施錠
03:29 エンジン始動
03:54 フロント席周囲の装備
08:57 収納・ユーティリティ
11:13 ラゲージルーム

今回は、ヤリスクロスをご紹介します。トヨタ・ヤリスのコンパクトSUVとして2020年に登場したヤリスクロス。アクティブさが強調されたボディや優れた走行性能など、幅広い世代に人気があります。
■グーネット公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCpVRG6bL9JqeI2XyKfOoSdA?sub_confirmation=1
■動画カタログ再生リストはこちら

トヨタ ヤリスクロス 10系 ハイブリッドZの車両情報
型式:6AA-MXPJ10
長さ:4180mm
幅 :1765mm
高さ:1590mm

鎧を彷彿とさせる力強さが表現された外観。18インチのタイヤに太いスポークのアルミホイールを装着しスポーティなスタイルを確立しています。
車の走行安定性能をサポートするリヤスポイラー。最低地上高は170mmで、悪路でも十分な走破性を兼ね備えています。

フルLEDプロジェクター式ヘッドランプ
デザインが特徴的なヘッドランプや縦型に配置されたデイライトは、より個性的なフロントフェイスに。LEDを採用し、前方をしっかりと照らします。

フルLEDリヤコンビネーションランプ+LEDハイマウントストップランプ
直線型のシャープなデザインが印象的なリヤコンビランプ。高い被視認性も兼ね備え、自車の存在を周囲に知らせます。

ドアの操作
スマートキーのリモコン操作で、離れた場所からでもドアの解錠・施錠が可能。キーを携帯していれば、ドアハンドルを握って解錠、ハンドルに触れて施錠ができます。
バックドアも、キーのリモコン操作で開け閉めが可能。バックドアを閉めてる途中で施錠スイッチを押すと、施錠予約ができます。
またキーを携帯していれば、バックドアのスイッチを押すだけで開けられます。
開閉動作中にリモコンを操作すると、動作を途中でストップさせることができます。

ハンズフリーパワーバックドア ※メーカーオプション
キーを携帯し、バンパーの下で蹴るような動作をしてバックドアを開けられます。両手がふさがった状態の時などに便利な機能です。
バックドアには、2種類のスイッチがあります。自動で閉める時には左のスイッチ。自動で施錠まで行うときは右のスイッチを押します。

シートはダークブラウンの合成皮革とツィード調ファブリックで、質感良く仕上げています。

運転席6ウェイパワーシート
座席の前後スライドやシートの上下位置、リクライニングなど運転しやすいポジションを設定できます。

パワースイッチ
パワースイッチは運転席の左側にあります。キーを携帯してブレーキペダルを踏み、スイッチを押すとハイブリッドシステムが始動。併せてメーター類も起動します。

ステアリングスイッチ(左)
ステアリングの左側には、マルチインフォメーションディスプレイの操作スイッチと、音声・ハンズフリー機能に関するスイッチがあります。

マルチインフォメーションディスプレイ+オプティトロンメーター
マルチインフォメーションディスプレイをメーター中央に配置。画面を切り替えて平均燃費や走行距離などの車両情報を確認したり、各種機能の設定変更ができます。
また安全運転を支援する機能のON/OFFの設定ができます。機能は、車線逸脱を抑制する機能のLTA(レーントレーシングアシスト)、衝突警報機能のPCS(プリクラッシュセーフティ)、車線変更の際に判断を支援する機能のBSM(ブラインドスポットモニター)、障害物を検知し、注意喚起してくれる機能のクリアランスソナーなどがあります。

ステアリングスイッチ(右)
ステアリングの右側には、レーダークルーズコントロールの設定スイッチがあります。

レーダークルーズコントロール/車間距離切替スイッチ/レーントレーシングアシストスイッチ
レーダークルーズコントロールを設定すると表示灯がディスプレイに点灯。先行車のスピードに合わせて自動的に加速・減速を行います。また車間距離切替のスイッチで、先行車との車間距離を3段階に調整できます。レーントレーシングアシストのスイッチは、車線から逸脱しそうな可能性を判断して、ドライバーの運転をサポートします。

カラーヘッドアップディスプレイ
運転席正面のガラスに、運転に必要な情報などを表示できます。メーター内の操作で表示位置や明るさの調整が可能。走行中でも最小限の視線移動で確認できます。

ワイパー・ウォッシャースイッチ/方向指示器・ライトスイッチ
ステアリングの左奥にはワイパー・ウォッシャースイッチ。その反対側に、方向指示器・ライトスイッチがあります。

パワーバックドアスイッチ
運転席右側にも様々な機能のスイッチがあります。車内からバックドアを自動で開閉するスイッチ。

AC100Vスイッチ
緊急時やアウトドアなどでラゲージルームにあるコンセントの電力を給電するスイッチ。

アダプティブハイビームスイッチ ※メーカーオプション
先行車や対向車の部分だけヘッドライトの光を調整して減光し、見やすさを確保するスイッチ。スイッチを押すと表示灯がディスプレイに点灯します。

ディスプレイオーディオ
タッチパネル式で軽やかに操作できるオーディオシステム。ナビやスマホ連携機能など多彩な用途に使えます。

オートエアコン&ダイヤル式ヒーターコントロールパネル
エアコンは、左のダイヤルで風量、右のダイヤルで温度を調整。設定内容は中央のモニターで確認できます。

シートヒーター(運転席・助手席)
オートエアコンの下には座面と背もたれを温めるシートヒータースイッチが配置。寒い日の快適な運転をサポートします。運転席・助手席それぞれで設定できます。

右:通信用USB端子/左:充電用USB端子
右は通信用、左が充電用のUSB端子です。車内で電子機器の使用や充電に役立ちます。

シフトレバー
サテンメッキが入ったシフトレバーは、操作性に優れたストレート式です。

バックガイドモニター
シフトをRに入れると、ナビの画面が車両後方の映像に切り替わります。ガイドラインが表示され、ドライバーから見えづらい視界をサポートします。右下のスイッチをタッチして、画面の切り替えができます。

ブレーキホールドスイッチ
シフトレバーの周辺にも様々な機能のスイッチが配置されています。ブレーキホールドスイッチをオンにすると、ブレーキペダルを踏んで車を停止した際、ペダルから足を離してもブレーキを保持することができます。

電動パーキングブレーキスイッチ
パーキングブレーキはスイッチで操作します。ブレーキペダルを踏みながらスイッチを押すとブレーキ解除。スイッチを引くとパーキングブレーキがかかります。

ドライブモードセレクトスイッチ
ドライブモードセレクトスイッチは、通常走行のノーマル、スポーティな走りのパワー、環境に配慮したエコモードに切り替えることができます。モードを切り替えると、メーター内に表示が点灯し、背景の色が変化します。

VSC OFFスイッチ
滑りやすい路面を走行中に、車両の安定性を維持する2つの機能を停止するスイッチ。短く押すと、タイヤの空転を抑えるTRC(トラクションコントロール)を停止。3秒以上長押しすると急なハンドル操作などでの横滑りを抑えるVSC(ビークルスタビリティコントロール)とTRCの作動を停止します。

EVドライブモードスイッチ
電気モーターのみを使って走行する、EVドライブモードに切り替えるスイッチです。

パーソナルランプ
パーソナルランプは左右のスイッチを押して点灯。車内を明るく照らします。

ヘルプネットボタン
万一の事故が起きた時に、専門のオペレーターにつながるスイッチ。

サンバイザー(チケットホルダー+バニティミラー+照明付)
サンバイザーはチケットホルダーとバニティミラー付き。天井に照明もついているので、暗い場所での身だしなみのチェックに便利です。

フロントドア
フロントドアは、ダークブラウンとブラックのドアトリムで、シックなイメージに。シルバー塗装のインナーガーニッシュがアクセントになっています。ドアハンドル部分にはブルーのアンビエントライトが設置されています。下部にボトルホルダーを用意しています。

ETC車載器
ETC車載器は運転席の下に装着されます。

センターオープントレイ
ディスプレイオーディオの前方にあるトレイは、ドライバーの手の届きやすい位置に小物を置くことができて便利です。

フロントコンソールボックス/アクセサリーソケット
オープンで奥行きのあるフロントコンソールボックス。中にアクセサリーソケットもあり、スマートフォンなどの充電スペースとして活用できます。こちらにもLEDアンビエント照明が設置されています。

フロントカップホルダー(2個)
シフトレバーの後方に、縦に並んだカップホルダーを配置。

グローブボックス
助手席の正面のグローブボックスは、説明書などをまとめて保管できます。

CD・DVDデッキ※販売店装着オプション(標準装備は助手席シートアンダートレイ)
助手席の足元にはCD・DVDデッキを設置。

リヤドア
リヤドアは、アームレストにポケットを用意。シンプルなデザインで、ドアの下部にはボトルホルダーが付いています。

助手席シートバックポケット
助手席の裏側に、雑誌などの収納に適したポケットを装着。

リヤコンソールボックス
センターコンソールの後方に、小物入れとして活用できるボックスを設置しています。

リヤセンターアームレスト(ボトルホルダー2本付)
リヤシートの中央は収納式のアームレストになっています。中央にボトルホルダーが付いています。

ラゲージルーム
ラゲージルームは開口部が広く奥行きもあり、多くの荷物を積み込むことができます。両横のくぼみを利用し、ゴルフバッグのように長さのある荷物を積み込むことも可能です。

ラゲージルームランプ
ラゲージ用のランプを左側に装着。

アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付)※メーカーオプション/アクセサリーソケット
運転席のAC100Vスイッチをオンにして使えるコンセント。アクセサリーソケットも設置されています。アウトドアや災害などの非常時に、電力を給電することができます。

デッキフック
ラゲージの両側にフックを設置。

6:4分割アジャスタブルデッキボード
床面の高さを2段階で調整可能。載せる荷物の高さや大きさなどに応じて、左右分割することもできます。

工具/タイヤパンク応急修理キット
ラゲージの床下に、工具やパンク修理キットが格納されています。空いているスペースは、収納として活用することもできます。

4:2:4分割可倒式リヤシート
リアシートは中央のアームレストと、左右のシートを別で折りたたむことが可能。中央のみを倒して、長い荷物を積み込めます。
またシートは肩口のレバーを引いてロックを解除し、背もたれを前に倒せます。シートアレンジでさらに広いラゲージスペースを確保できます。

SUVならではのワイルドでスポーティーな走行性能。そして多くの安全装備や運転支援機能を搭載し、普段使いからアウトドアまでマルチに使える一台です。以上、トヨタ ヤリスクロスのご紹介でした。

#トヨタ #ヤリスクロス #カタログ #グーネット

Posted by guest