【300キロ試乗】トヨタ ハリアー S(2.0Lガソリン・FF)|300km Run #002

2020年6月にフルモデルチェンジした、トヨタの新型 ハリアーに300キロ試乗。
ハイブリッドではない、2,000ccガソリンモデルの加速や走行性能はどうか、サイズ感や燃費はどうかなどを、詳しく解説します。

別途、ブログにもまとめていますので、ぜひご覧ください。
https://automotive-reviews.com/toyota_herrier_2020

【試乗車】
車種:トヨタ ハリアー S
(メーカー公式サイト:https://toyota.jp/harrier/)
パワートレイン:2,000cc ガソリン 自然吸気(M20A-FKS)+CVT
駆動方式:前輪駆動
タイヤサイズ:225/65R17

【試乗した個体の詳細】
個体差による評価の偏りを減らすため、同車種の別個体で2度の試乗を行っています

◆DAY1(気温:最高25.1℃/最低15℃)
・登録から約4ヶ月のレンタカー
・走行距離:約13,016km

◆DAY2(気温:最高17.4℃/最低9.7℃)
・登録から6日のレンタカー
・走行距離:約800km

◆DAY1.2共通
・車検証記載重量:1,530kg(全軸910kg、後軸620kg)
・タイヤ銘柄:ブリジストン ALENZA 001(指定冷間空気圧230KPaに調整)

【燃費参考値】
15.52km/L(満タン法)
・2度の給油とも同じセルフスタンドを利用
・オートストップ作動で給油をストップ

【100km/h走行時の車内騒音参考値】
70dB

◆計測区間
館山自動車道下り
君津SA~富津中央IC間の舗装の良い区間

========================

【300キロ試乗について】
ディーラーでの試乗では体験しづらい高速道路と山坂道の試乗をメインに行います。使用する自動車はすべて自費でレンタルし、メーカーやディーラーに忖度しないコメントをお届けします。

【試乗コースと機材】
良いところも悪いところも正直にお伝えするため、試乗の詳細を公表することで、再現性及び公正を保つようにしています。

◆試乗コース
・高速道路:約85km(アクアライン~館山自動車道 往復)
・山坂道:約50km(千葉県道88・182号)
・千葉県内一般道:約17km
・合計 約152km
上記コースを日を変えて2回走り、合計約304kmを走行しています

◆燃費計測区間
・高速道路 約56km(アクア連絡道~館山自動車道 往復)
・山坂道:約50km(千葉県道88・182号)
・千葉県内一般道:約17km
・合計:約123km

◆使用機材
・空気圧計:アイ・アール・エス製 RACING Air Gauge
・騒音計:Meterk SLM01(https://www.amazon.co.jp//dp/B075585Y9M)

=============
Music by: https://andrewapplepie.com/