トヨタヤリスクロス 2021 試乗 ! エクステリアとインテリア

トヨタヤリスクロス 2021 試乗 ! エクステリアとインテリア.
C-HRの下に配置された新しいヤリスクロスは、2560ミリメートル(100.8インチ)のスーパーミニのホイールベースを引き継ぎ、より長いオーバーハングを備え、全長を240 mm(9.4インチ)から4180 mm(164.5インチ)に増やします。また、ヤリスよりも幅が20 mm(0.8インチ)、高さが90 mm(3.5インチ)ですが、前述のC-HRよりも大幅に小さいままです。すべての人がC-HRの風変わりなスタイリングを好むわけではないので、より多くのバイヤーをトヨタのショールームに誘い込む賢明な動きであると私たちが主張するより従来型のデザインが特徴です。同時に、ヤリスに比べてフットプリントが大きいため、実用性が高く、40:20:40の分割折りたたみ式リアシートによってさらに強化されています。バイヤーは、18インチのホイールとブラスゴールドと呼ばれる光沢のある新しいペイントを備えたヤリスクロスを注文できます。オプションの電動テールゲートにより、貨物の積み下ろしが簡単になります。カーゴエリアを開けると、床の高さを調整でき、持ち運びに応じて2つに分割することもできます。ベルトシステムもあり、所有者は運転中に貨物エリア全体を飛んでいるアイテムを心配することなく、オブジェクトを所定の位置に固定できます。
全輪駆動はヨーロッパの小型SUVセグメントではそれほど一般的ではありません。そのため、ヤリスクロスは、3気筒1.5リッターガソリンエンジンと連携するハイブリッドパワートレインと組み合わせたAWDレイアウトを提供することを喜んで報告します。電気モーター。燃焼エンジンの熱効率は最大40%で、前輪駆動モードで車両に単独で動力を供給することができます。センサーがグリップ状態の悪さを検出すると、AWDシステムが作動し、ドライバーが雨、雪、さらには砂に取り組むのを助けます。ハイブリッドセットアップの総出力は116馬力で、それほど多くは聞こえないかもしれませんが、都市指向のクロスオーバーから本当にもっと必要ですか?トヨタは、前輪駆動モデルのCO2排出量は120 g / km未満であるのに対し、AWDモデルのCO2排出量はWLTP体制ごとに135 g / km未満であると主張しています。トヨタは、フランスのバランシエンヌ工場で年間15万台以上の生産を目指しており、ヤリスクロスは、ベースとなるスーパーミニと一緒に組み立てられます。小型のハイライディング車両は、この秋に日本で発売された後、2021年の夏にヨーロッパで発売されます。