日産リーフ乗りが考える、ホンダ初の電気自動車《Honda e》のスペックから見えた日本の自動車業界の現状【電動化に対するホンダの姿勢を伺えました】

今回は、先日ついに詳細なスペックと販売価格、そして発売時期が明らかとなった、ホンダ初の量産準電気自動車であるHonda eについて、
特に値段設定の是非に賛否の声が分かれていますので、今回のHonda eの価格設定と、
そこから見えるホンダの電気自動車に対する姿勢に関する個人的見解を解説します。

【前回の動画】
↓世界の勢力図を変えるかもしれない電気自動車《フォルクスワーゲン ID.4》最新スペックまとめと競合車種《テスラ モデルY》との徹底比較【EV戦国時代のパイオニア】↓

【世界の電動化に乗り遅れないための週刊電気自動車ニュース】
↓《2020年8月20日〜26日》【i-PACE・中国製格安EV・SKODA ENYAQ Ⅳ・モデル3にヒートポンプ搭載・バッテリーデイの最新情報】↓

【関連動画】
↓2020年中に国内納車開始 ホンダ初の電気自動車《Honda e》を徹底解説 EV激戦区欧州の競合車種とも徹底比較【セカンドカーとして検討する価値あり】↓

↓電気自動車に関する用語解説決定版❶《航続距離を表す様々な規格》↓

↓世界の勢力図を変えるかもしれない電気自動車《Lucid Air》最新スペックまとめと競合車種《テスラ モデルS》との徹底比較【度肝を抜かれました】↓

Twitterは@EV_Native

#電気自動車 #ホンダ #Honda e