ホンダ初の電気自動車「ホンダe」、10月に国内投入

ホンダは8月27日、国内で初めて量産する電気自動車(EV)「ホンダe」を10月30日に売り出すと発表した。ホンダeは同社の軽自動車より小回りが利く4人乗りの小型EV。道が狭い都市部での運転を想定して開発。航続距離は国際的な測定方法「WLTCモード」で283㌔と他社のEVと比べて短い。EVにガソリン車並みの走りを求めるこれまでの流れと一線を画した。
 希望価格は消費税込み451万円からで同社の高級車のアコード並み。運転席から助手席にかけて五つの画面を並べ、AIを活用した声で操作できるカーナビや車内WiFiに対応し、指定した場所に自動で駐車する運転支援機能も搭載した。発売は10月だが、27日から同社のカーシェア「エブリ・ゴー」に計10台を配備し、東京や大阪、福岡で乗れるという