●ダイハツのヒット車となるのは間違いない!! 2020年6月10日に発売開始した新型の軽クロスオーバーSUV「ダイハツタフト」が大人気だ。発売1か月間の受注台数が目標の4.5倍となる、約1万8000台

執筆者 Kenichi.Yoshikawa
すべての
画像を見る ●ダイハツのヒット車となるのは間違いない!!
2020年6月10日に発売開始した新型の軽クロスオーバーSUV「ダイハツタフト」が大人気だ。発売1か月間の受注台数が目標の4.5倍となる、約1万8000台に達しているという。
タフトの出発は絶好調!といえるが、実はライバルの2代目ハスラー(月販目標6000台)も好調であり、6月は7875台、7月は8831台と目標台数を超えている。
新型タフトは、軽クロスオーバーSUVカテゴリトップのハスラーに、どれだけ食らいつくことができるのだろうか?
[index] ■おすすめグレードはGもしくはGターボ!
■メッキパッケージもおすすめ
■標準装備のスカイフィールトップは素晴らしい!
■ガシガシ使える軽SUVを待っていた!
■おすすめグレードはGもしくはGターボ!
新型タフトは、見た目の通り、遊び心いっぱいのクルマだ。巨大なガラスルーフが最大の特徴で、SUVコンセプトに寄せたその姿は、存在感と遊び心に溢れる。
ライバルのスズキ「ハスラー」が築いてきた、軽クロスオーバーSUVという人気ジャンルに、「ハスラーを超える武骨なルックス」を掛け合わせてきたことが、タフトの人気の理由だろう。
タフトは、1999年にデビューしたダイハツネイキッドの生まれ変わりとも思えるが、JEEP寄りのネイキッドとは方向性がやや違う。
グレード構成は、X、G、Gターボの3種類。それぞれに2WDと4WDが用意されている。XとGの違いは、エクステリアやインテリアのカラーやライト類の違いなど、多岐にわたる。対してGとGターボは、エンジンの違いとACCおよびLKCが標準装備かオプション設定か、アルミホイールの塗装(Gターボはガンメタリック、Gはシルバー)と、差異は少ない。
そのため、タフトの魅力を存分に味わうには、Gグレード以上を選ぶ方が良い。そして、エンジンにモアパワーが欲しい方はGターボ、雪道を走る可能性がある方は4WDを選択するのが王道だ。
■メッキパッケージもおすすめ
極端に角ばったボディデザイン、大きく張り出したフェンダー、直立したフロントウィンドウ、天地高の狭いサイドウインドウ、ボディカラーも9色(Xグレードは5色)から選べ、 …