新型レヴォーグのすべて!液晶がデカすぎ?!市販車ついに公開!

本日発表、ついに市販車レヴォーグが発表。スペック、デザイン、内装、燃費、発表の日、グレード今判るすべてをお伝えします!スバリスト必見です!
SNSでも話題らしいですよ。液晶がデカいと笑

プロトじゃ無いレヴォーグはかっこいい!?

これは爆売れ間違いなし!

動画中では触れてませんが補足

価格は予定価格
GT
280万円台

GT-H
300万円台

STIスポーツ
330万円台

「アイサイトX」搭載グレードはそれぞれ35万円高

10/15発表予定

チャンネル登録、是非!お願いします🥺
https://www.youtube.com/channel/UCk9iZSuDVAlOvAc6VX-p26g ?sub_confirmation=1

おちゅんブログ 暇なら是非^_^
http://ferrarimaster.livedoor.blog/

みんカラもやってます^_^
おちゅん
の名前でやっております(๑˃̵ᴗ˂̵)
どうぞご贔屓に(^^)

写真資料引用スバル公式HP
https://www.subaru.co.jp/press/news/2020_08_20_8925/

フルデジタルにも出来たが
視界がなくなる恐れがあるデフロスターなどはボタンで残してある

なんでもタッチパネルや声で反応すれば良いというのではなく
故障した時の事を考えているのが素晴らしい

言われたくないであろうテスラの様だが
実はクラウンも大きな液晶を採用したこともある

例えば古い物だとダッシュパネルが割れてきたり
その辺がやはり

実は中古の価格が安定すれば下取りが安定し
乗り換えが楽になる
長く乗れるトヨタの強みでもある

何も新車だけが売れたらメーカーは回るというものでは無いのだろう

所謂Dシェイプのステアリングがスポーティ
ポディションを合わせても乗り込んだり足が当たらないというレーシングカーの考え方から来ていると思われる

ハンドルの位置、シートのポジションが細かく調節できる
幅が広がった

エアコンもマイルドモードという
同乗者
主に女性子供に配慮したモードがあり
我がままで買う時にココが女性の心をくすぐり
購入許可に近づくよく分かっているスバルであった

冷えすぎない、乾燥しすぎない制御をする

前よりもロングストロークの足だという
乗り心地重視?