2代目”伊予灘ものがたり”大洲編に乗ってみた

2014年のデビュー以来、絶大な人気を誇るJR四国の観光列車"伊予灘ものがたり"
愛ある伊予灘線(予讃線伊予長浜回り)に広がる伊予灘の景色を眺められるだけでなく、地元の有名店が提供する食事、更には沿線の地域住民らによるお出迎え、お見送りが好評を博して平均乗車率は約90%を維持しているほか、リピーターも数多くいます。

キハ47形気動車を改造した初代車両は老朽化のため、2021年末に惜しまれつつ引退しましたが、2022年4月からはキハ185系気動車を改造した2代目車両がデビューしました。
2代目車両は3両編成になって、2名から8名で利用できるグリーン個室"Fiore Suite"も追加されたほか、車内設備や事前予約制の食事も更にグレードアップしました。列車種別は初代は普通列車扱いだったのに対し、2代目は特急列車扱いとなり、グリーン料金も改定されましたが、料金に見合う価値は充分あると思います。(寧ろ初代が破格すぎたくらいに感じるのは私だけではないはず…)

今回は松山駅から伊予大洲駅まで、"伊予灘ものがたり大洲編"に乗車。松山駅近くのレストラン“ヨーヨーキッチン"提供の食事“朝のひとときを味わう旬菜モーニング”を味わい、爽やかな伊予灘の景色を眺めながら、伊予の小京都・大洲を目指します。

その他

Posted by yasamiz