⑪R42沿い「香梅堂」(鈴焼き)~「熊野速玉大社」到着、参拝。(11/19)

3連休明け、此方も空いていました。
長年の疑問であった、あの「千木」(チギ⇒外削り・内削り)の違いを禰宜の方に聞くと、一般的に外千木(地面に垂直でカット)は「男神」で、内千木(地面に対し水平でカット)は「女神」と云われていますが、それはその神社によりまちまちで有るあしいです。
この速玉大社は「いざなぎの命」(男神)は外千木で、「いざなみの命」は内千木でした。
(因みに、「いざなぎの命」の妹が「いざなみの命」で、尚且つ妻でもあります。。。
神代そして昔はこの形態が多いのです。