期待、必然、妄想、熱望 ヤリスクロスに1.6Lターボの搭載でブランド価値を高める

ご視聴ありがとうございます。この動画を「いいな」と思っていただけたら高評価を押してください!面白いなと思っていただけたら、ぜひぜひ【チャンネル登録】を お願いいたします!

今回は自動車コラムニスト・山本晋也が、トヨタの新型モデル「ヤリスクロス」について、ブランド展開のやり方にBMW MINIとの共通性を感じたことをフックに、ヤリスクロス・ハイパフォーマンスバージョンの登場について予想するという内容です。2021年のWRC参戦マシンのベースになるというGRヤリスの1.6L 3気筒ターボエンジンは、ヤリスクロスのスポーツフラッグシップのパワーソースとして「あり」なのではないでしょうか。

#トヨタ #ヤリスクロス #GRヤリス

【関連ブログ】
トヨタ・ヤリスはBMW MINIのようなラインナップになるや?
http://blog.livedoor.jp/yamamotosinya/archives/52544492.html

【参考リンク】
2020年04月23日
TOYOTA、新型車ヤリスクロスを世界初公開
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/31757830.html

2020年01月10日
TOYOTA、新型車GRヤリスを初公開
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/30976357.html

以下、字幕の転載
ども!自動車コラムニストの山本晋也です

普段webメディアで

自動車関するコラムを書いてます

だいたい一日一本以上

アップされてるんじゃないかな

って思ってますけども

年間でね

2019年だと

500本ぐらい書かせてもらいました

でいろんなことを書いて

は起きたこととか

これから起きるであろうこととか

もう25年ぐらい

この業界で仕事させて頂いてるんで

そんな経験を活かして

色々とコラムを書かせてもらってます

youtubeの方は

普段のコラムで書けない

こととかをちょっと話そうかなあ

なんて思ってやらせてもらってます

今日はトヨタから新しく出る

ヤリスクロスって言う

クロスオーバーsuvについての思ったこと

話させていただきます

じつはブログを

ちょっと書いたんですけども

トヨタのヤリスは

bmwminiみたいになるん

じゃないかってブログをねか

書かせててもらいました

どういうことかって言うと

bmwminiってご存知の方いらっしゃると思う

いっぱいいらっしゃると思うんですけど

昔イギリスで作った車で

その権利ブランドの権利をbmwが買い取って

bmwテクノロジーを使ったミニと

いう形でながいこと作っています

二世代三世代目かな

MINIっていうのは元々は3ドアのね

2ドアの車でFFだったんですけど

bmwは作るようになってから

どんどんどんバリエーションが増えてます

現行モデルのラインナップでも

3ドアがあって5ドアがあって

てコンバーチブルがまずありますね

あとそれからクロスオーバースタイル

のsuvがあって

あとステーションワゴンみたいのがあります

こういうブランド展開

こういうモデル戦略もあるんだなあ

なんて思って

ちょっと見てたんですけどもふっとね

ヤリスクロスがこのあいだ

発表された時に

一緒にヤリスファミリーの

ファミリーカット

みたいな写真が公開されてます

これ見るとGRヤリス(中央)

東京オートサロンで発表された

スポーツタイプですね

2ドアクーペと言うか3ドアハッチバック

みたいなスポーツタイプです

それと標準的な

5ドアのヤリス(右)

ヤリスとヤリスクロス(左)とGRヤリス

スリーショットの写真ってのが公開されてます

これ何を意味するか

おそらくさっき言ったミニみたいな

bmwminiみたいな

ブランド展開をしてくんじゃないか

という風に感じてます

そうでなければこういう写真を出す意味がないので

このように中央にGRヤリスおいて

スポーツイメージ

パフォーマンスイメージ

を前面に出した感じの

ファミリーカットになってます

ここから何を感じるかって言うと

ヤリスもbmw miniのように

一つのブランドの中に

様々なボディバリエーションを持ってます

よっていうブランドとして

一つ独立したブランド的なイメージで

展開してくんだろうなという風に感じます

bmwminiのビジネスモデルっていう

のはまんまヤリスが使うと言いませんけども

ヤリスがある程度それを参考にというか

こういう展開もあるなってことで

やってくるんじゃないかなあ

というような気がしております

気がしているだけです

特にまあこういう商品企画

とかっていうのは

本当に決まるまでいろんな

検討されてても発表されないんで

どういう風に動いてるかっていうのは

確定情報ではもちろんないんですけども

bmwminiのビジネスモデルは

かなり参考になるんじゃないかなあ

という気がしております

bmwminiっていうと

実はボディバリエーションが

あるだけじゃなくて

ほぼ全バリエーションに

jcwジョンクーパーワークスっていう

highperformanceバージョンを用意

するっていう展開もしてます

それは結構特徴なんですね

あのコンバーチブルだがなんだろうが

ハイパワーのエンジン積んだ仕様を作りますよ

ジョンクーパーワーク仕様を

作りますよっていうのが

bmwminiの

今のラインナップ

展開の一つの方針になってます

それを考えると

ヤリスクロスにGRヤリス1.6L

エンジンを載せるって

言うのはありなんじゃないかなあ

なんていう風に感じたりとか

しますね

ヤリスのエンジンって

1.5リッターなんですよね

まぁ3気筒というのも特徴なんですけど

GRヤリスに関しては

いろんなエンジン積みそうな気がします

今公表されている範囲でいうと

1.6L3気筒ターボエエンジン

を積む公表されてます

なんてエンジンかというと

G16E-GTSっていう

すごい勇ましい名前のエンジンで

排気量は1618ccですけど

最高出力が200kW272馬力ですね

最大トルク370Nm

コンパクトな車としては

ハイパフォーマンスが期待できる

んじゃないかなって

エンジンです

このエンジン

ヤリスのプラットフォームに乗るように

作ってあるわけですから

ヤリスクロスにも載るんじゃないかな

と勝手に想像しております

200kWの必要があるかどうかは

また別なので

多少このディチューンと言うか

キャラ合わせてくるとかあと

GRヤリスに関してはマニュアルしかない

おそらく設定だと思いますので

当分は当面は

ヤリスクロスにもし載せるとしたら

オートマの設定がいるよね

370Nmでcvtはちょっと難しいか

ステップATなのかなとか色々妄想は

するんですけれども

商品展開として

GRヤリスの

1.6リッターターボを積んだ

GRヤリスクロスみたいな商品

展開があり得るだろうなぁと

逆にやってかないと

そのブランドイメージ全体を統一する

スポーツたみたいのは活かせないだろうし

GRヤリスでwrcに出てどういう

風な活躍するか

全くわかりませんけど

WRCに出るって事は

ものすごいお金を使うって意味ですから

その使ったお金をどういう風に

ブランドとして回収してくか考えると

3ドアみたいな形で売ってくだけで

WRCに投入した

予算を回収できるって考えられないので

ヤリスシリーズに少なくても

展開していく必要があるだろうなと

そうなるとまぁ

ヤリスクロスに1.6Lターボエンジンってのは

結構現実的なんじゃないかなあなんて

勝手にね想像してるという話です

なかなか今外に出ていけない時期なんで

状況から色々と妄想するのがはかどる時期です

けれどもそんなことも考えながら

ヤリスクロスのラインナップとか

そのヤリスクロスの発表に合わせて

GRヤリスとヤリスと

ヤリスクロスのスリーショットって

写真が2枚公開されている

そこにどんな意味があるかって

考えていくのも車好きとしては楽しいのかな

今言ったこのターボが追加されるだろう

みたいのが絶対正しいと思ってないんですけど

そういう風に

色々可能性を考えていくとも

商品企画が見えてきたりして

面白いんじゃないかな思ったりします

そんなこと実は考えながら

色々とコラムのネタを考えたり

とかしてるってのが

僕の日々なんですけれども

チャンネル登録していただけると

妄想めいた話とか

予想めいた話とかでさせて頂いてますので

よろしくお願いいたします

はい本日もご視聴ありがとうございます
—————————————————————————
Blog:「クルマのミライ」もご覧ください
http://blog.livedoor.jp/yamamotosinya/

Twitterアカウントのフォローもよろしくお願いします!

Instagramもご覧ください
https://www.instagram.com/sinyayamamoto/

Facebookページはこちら
https://www.facebook.com/Ysplanning

#自動車コラムニスト #クルマのミライ #山本晋也