【サムハラ神社】神社映像 「No. 1パワースポット」

#神社映像 #神社仏閣 #神社 #大阪 #サムハラ神社 #アメノミナカヌシさま #パワースポット一人旅 #スピリチュアルパワースポット旅 #japan #osaka #歴女

祭神は天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神の造化三神。「サムハラ」はこれら三神の総称であると信者は自称する。奥の院が美作加茂(岡山県津山市)にある。

1935年(昭和10年)に田中富三郎が出身地の岡山県苫田郡西加茂村(現・津山市)にて旧い小さなほこらの荒廃を嘆き再興したのが本社の起源。しかし翌年岡山県特高課から無許可神社で商品広告しているとして自主撤去を求められ、サムハラ信光会は11月27日に解消し、撤去を行った[1][2]。

戦後1946年(昭和21年)にほこらは再建され、当神社は大阪中之島の豊国神社隣接地に自費で1950年(昭和25年)に建立。1961年(昭和36年)に現在地へ移築遷宮された。

隣接地に大阪府警察の機動警ら隊がいる。

信者は無傷無病、延命長寿の神としている。(サムハラ)とは不思議の4文字で、身を守ると信者の間では言われている。これは漢字のような文字であるが、神字であり漢字とは異なる、とされる。

加藤清正は文禄・慶長の役の時、サムハラを武器の刃に彫りつけて信じていたために万死に一生を得たと信者はいう。